沿革

1916年

佐藤捨吉創業。
鍋、釜の修理から神社仏閣の屋根工事を手がける

1940年

(有)マルサ佐藤製作所設立

1973年

ステンレス部門新設

1976年

工場新築移転、敷地1,320平方メートル。
プラズマ溶接機導入

1978年

アマダ4M150t油圧鋼鈑折曲機導入。
業務用流し台、建築金物の製作を開始

1981年

(株)マルサ佐藤製作所設立。
資本金500万円

1982年

工場増築、U型ステンレスレール製作

1987年

ステンレスサッシの製作を開始

1990年

松原工場用地9,900平方メートル取得

1993年

駐車場造成4,455平方メートル。
増資:資本金1,300万円

1997年

東京支店開設

1998年

秋田支店・工場開設・金沢営業所・福井営業所開設

2002年

中国泰興市に独資法人丸佐金属制品(泰興)有限公司設立

2006年

中国・上海CAD室開設

2007年

建築材料、ステンレス製建具評価書 取得

2008年

中国・泰興工場 2,640平方メートル新築工場
増資 資本金1,500万円

2009年

埼玉県戸田市に関東支店開設

2010年

中国・安徽設計分室開設

2016年

創業100周年を迎える

2017年

松原工場敷地内に本社社屋・工場新築